どんど焼きに行ってきました。

  • 2019.01.14 Monday
  • 12:41

 

お正月に来訪された神様をお見送りする行事

 

「どんど焼き」

 

ご存知でしょうか。

 

正月飾りを焚き火して、お見送りする伝統行事です。

 

地方の社などではいまでも行われていることが多いですが

都会では火事や煙の心配などでほとんど見かけなくなりました。

 

蔵さんの店のある武蔵野市では、いまでも地域小学校や地域ボランティアの方々

市役所の青少年育成関連係りの方々や地元消防団の方々の協力で

伝統行事が続けられています。

 

平成最後となる、どんど焼き

 

私も自宅のお飾り・千恵蔵さんのお飾りを持って

ご来訪いただたいた神様に感謝を込めてお見送りして参りましたので

その様子をお伝えしようと思います。

 

・地域の方々がそれぞれ、お清めした正月飾りを持参されます。

(燃やせないものはあらかじめ外して持参)

 

ボランティアの方々が、それを開封して更に分別してくれていました。

 

 

 

 

不測の事態に備えて、地元消防団の方々が消防車を配置して万全の体制

 

 

たくさんの正月飾りを並べてゆきます。

 

おおきな山が完成しました。

既に200人以上の方々が集まっています。

 

準備ができると

行事関係者の紹介がはじまります。

第五小学校の校長先生から挨拶。

この時点で400人ぐらいに増えていました。

私の後ろで、前々市長だった土屋さんも来られていてビックリ!

武蔵野市内の生まれではないそうで、

教師として武蔵野市に赴任してこの行事をはじめて知られ

伝統を守る地域性を褒めていただいておりました。

 

武蔵野市に住んでよかった。

吉祥寺に店を構えてよかった。・・と思えた瞬間

 

消防団の方や武蔵野市職員の方々のご紹介も終わり、

つづいて行われたのが

 

「一月一日の歌」

と〜しーのはーじめ〜の・・・の歌を

みんなで合唱。

 

歌詞カードが配られ・・

真剣な表情でこどもたちも一緒に歌っていました。

何十年ぶりに歌ったんだろう。

なんだか気持ちが晴れ晴れしました。

土屋さんも歌詞カードなど不要で2番まで熱唱されていました。

さすがですね。この世代の方は毎年歌ってきたんだなぁと

伝統行事の大切さを再認識。

 

もう正月も過ぎで1月半ばですけど、

森高千里さんの歌う動画がユーチューブがあったので一緒にいかが?

 

 

歌が終わり、いよいよ点火式です。

 

用意された松明

 

 

代表の小学生 年男・年女のこどもたちが先生から松明の炎をバトンします。

 

子供たちの顔が映っていますが、素敵な表情お伝えしたく。

また、めでたい代表者ですのでモザイクなしで掲載させていただきました。

削除orモザイク希望ございましたら、ご連絡ください。

mailアドレス shop@chiekurasan.com

 

 

真剣な表情。素敵ですね。

 

さあ、点火!!

 

下の方から点火するんですよ〜〜。

 

 

成功!!

煙モクモク

 

神様がお帰りになられていくようでした。

沢山の神様たちが煙の輪となって戻られていかれている感じがしました。

 

あっという間に炎が強くなり

 

 

子供には見えたのでしょうか。

神様の行かれる方を指差していました。

心が純粋なんですね。

 

 

手を振ってお別れです。

 

神様、暮れにまたお越しください。

1年無病息災であるよう願いを込めて。

 

 

終了後は、なんと御餅の無料配布も。

ボランティアのみなさま、

本当にありがとうございました。

 

ずっと、こういう行事が続く街でありますように・・

 

心洗われる「どんど焼き」

来年はみなさまも是非、ご参加くださいませ。

 

詳しい日程等は

「武蔵野市どんど焼き」で検索できます。

 

 

きょうも、おいしく。たのしく。からだにやさしく。吉祥寺千恵蔵さん

正月らしい光景で新年清清しく迎えました。

  • 2019.01.03 Thursday
  • 17:55

三が日 

皆様どのようにお過ごしでしたか?

 

蔵さんは獅子舞を見て、清清しい気持ちでお正月を過ごしました。

 

お囃子とともに親子が登場

太鼓の女性にひょっとこさんが軽快にリズムを刻みます。

 

獅子が勇猛果敢に舞います。

 

この迫力!!

 

イケメンの天狗獅子!

 

決めポーズ!

カッコイイです。

 

演者はなんと・・・

 

 

少年たちでした。

 

 

お見事!!!

 

年の幕開けに明るい気持ちになれる、良いものを見せて頂きました。

ありがとうございます。

 

 

 

1月4日 12時から新春初売り福袋販売します。

(営業時間12時〜16時となります。お間違いなく。)

1000円〜3000円の税込みポッキリ価格でご用意!

 

どれも半額以下のビックリ福袋!

どうぞおたのしみに!

 

今年もよろしくお願い申し上げます。

吉祥寺千恵蔵さん

年末最終のお届け品。樽出しの「千枚漬け」「りんご生酢」「白菜浅漬け」

  • 2018.12.29 Saturday
  • 23:05

お正月ムードもあまり無い感じの昨今ですけど

 

やはり伝統食は食べておきたいもの。

 

中でも箸休めとして古くから食べられているのがお漬物。

 

漬物を食べる場が少なくなっていますけど、美味しい漬物は日本人であることを

再認識できる、心のやすらぎのひとつ。

 

そこで、蔵さんは毎年がんばって年に一度のお漬物にこだわります。

 

京都嵐山の漬物店 弘悦

こちらから昨日樽出しして、袋詰めしたばかりの

蔵元直送品の千枚漬け

 

やっぱりスーパーのとは、ふた味ぐらい違いますね。

 

そして、

白菜漬けは、三浦半島産の新理想白菜の浅漬けです。

 

 

りんご生酢は、同じく三浦半島産の三浦大根の生酢にりんご果汁を加えて、

マイルドに仕上げたもの。

ひとりで2袋位食べられちゃう美味しさです。

 

お正月用品在庫状況

黒豆 売り切れました。

栗きんとん・田作り・栗甘露煮 まだ余裕ございます。

餅 1kg のこりわずか。

餅 端切れ 在庫ございます。

 

 

31日17時まで営業しております。

どうぞ、年末最後のお買い物にお立ち寄りくださいませ。

 

今年も、みなさまありがとうございました。

新年4日より営業させて頂きます。

 

来年もよろしくお願い申し上げます。

吉祥寺千恵蔵さん 店主

 

今日からはお正月準備ですね。

  • 2018.12.25 Tuesday
  • 12:41

平成最後の年末も残すところ1週間となりました。

 

千恵蔵さんの本当の価値を問うお正月用品に突入です。

 

今年も沢山ご用意しています。

 

栗きんとん

京都の10万ぐらいする

おせちに入れるために作られる職人の技の結集を

家庭用3−4人分に詰めてもらったもの。

冷凍でお渡しして自宅で一晩かけて解凍。

冷蔵庫で10日間保存できます。

 

 

京丹波黒豆

 

丹波黒豆の中でも、京都産は数少なく稀少品

歯ざわりと粒の艶やかさが一段違います。

甘さ控えめの京都300年の老舗の味です

 

 

淡路島産 田作り

12月に水揚げされた淡路のかたくちいわしを使って作った

新鮮な田作りは、ほろ苦さとしょっぱさを併せ持つ、甘ったるくない本物

箸休めに最適

目が黒々としていて、他の店とは比べ物にならない美しさです。

縁起物ですので鮮度の良いものをお選びいただきたいと毎年当店で特注して

作っていただいている自信作

 

端もち

新潟は南魚沼のもち米だけで作られる粘りの強いお餅を

使いやすく、カットしたものの詰め合わせです。

お雑煮。鍋にそのままポンと入れたら直ぐに柔らかくなります。

小さめなので喉につかえにくいのも、有難いですね。

 

 

市田柿

江戸時代から続く、市田村の農家さんに特注する

当店自慢の品のひとつ。

この時期ならではの旬の味覚です。

プックリとした、丸みのある美味しいものだけをご用意しました。

お徳用の300g 上級品の170g  贈答用の箱入りまで各種ございます。

2月まで美味しく食べられますので、おいしそうなのを目で見て手にとってみてください。

順番に入荷するので、都度、生ものにつき出来栄えが多少違います。

今年は早め干しあがりのものが、美味しく仕上がっているようです。

 

市田柿の裏技

生酢に刻んで入れると一層、生酢が美味しくなるのはご存知でしょうか。

是非、やってみてください。

 

 

 

ご常連さんに熱烈なファンが多いのが、

鹿児島県鹿屋市96歳を迎える、千里ばあちゃんの手作りきんかん漬けです。

 

無病息災、千里ばあちゃんのきんかんを食べたら、風邪知らずと言われる

当店ならではの縁起物。

24日入荷致しました。売り切り終了となります。

 

96歳の元気ばあちゃんが60kgの鍋を振って作る「きんかん漬け」

その元気をみんなでお裾分けしてもらいましょう。

 

お正月用。お年賀用など順次ご紹介してゆきますので、日々ブログをチェックお忘れなく。

 

きょうも、おいしく。たのしく。からだにやさしく。吉祥寺千恵蔵さん

 

お正月用 栗きんとん・黒豆・田作り・切り餅 始まりました。

  • 2018.12.09 Sunday
  • 01:11

まだクリスマス前ですけど

 

千恵蔵さんではお正月用品を第2土曜から毎年スタートしています。

 

どれも先着順、売り切り終了も毎年のことですが

 

今年は特にお早めご利用願いたいのが

栗きんとん

上質な大粒栗に、鹿児島県産さつま芋の餡をまとった

高級おせちに入れられる栗きんとんを特注で頼んで冷凍でお渡ししています。

 

お日持ちは冷凍のままで来年2月末まで

冷蔵庫で一晩かけて解凍してから食べてください。

解凍後は要冷蔵で日持ち10日間です。

3−4人前になります。

 

本年は夏の大雨と台風などの影響で、栗の生育には厳しい状況がつづいて

大粒の質の良い栗が少なく、例年の半分の数しかご提供できませんので

お早めにお買い求め下さい。

 

 

 

自慢の品のその2

かたくちイワシの佃煮。

田作り

 

瀬戸内は淡路島で、今季水揚げされたものを天日干しして、数日前に佃煮にした

新鮮な田作りです。

みなさんが普段お正月用で買う田作り。

夏に乾物を使って作って冷凍保存しておいたもの。

違いは目の鮮度。

折角、めでたい品ですから、目は黒々として生き生きとしたものをお正月は食べたいですよね。

 

なので、毎年 淡路島の佃煮やさんに頼んで炊いてもらっているので

作りたての味を楽しめる、贅沢な品となります。

 

こちらは常温でお正月過ぎまで保存できます。

80P売り切り終了となります。

 

その3

丹波黒豆

兵庫の丹波篠山が有名な丹波黒豆ですが

こちらは、元祖丹波種といわれる

 

京丹波種の丹波黒豆です。

 

しっかりとした歯ざわりと、艶やかな色合い

上品な甘さが心情です。

300年の老舗が誇る味をお楽しみください。

真空パックで常温でお渡しできます。

もちろん日持ちもたっぷりございます。

 

そして、お雑煮欠かせない角切り餅

新潟は越後上越農協の関係者のみが知るといわれる

古くからある品種

「わたぼうし」

プツップツッと適度に切れるので、伸びすぎず、喉につかえ難く

餅本来の甘さを味わえると地元でも知る人ぞ知るの数少ない収穫量のもち米です。

 

この「わたぼうし」を1枚ずつのシングルパックにしてくれている1キロ袋(21枚入)を

30名様限定でお渡しいたします。

お日持ちは約10ヶ月

既に数袋販売済み、予約も頂いておりますので、こちらもできるだけ早めにお買い求めください。

 

 

きょうも、おいしく。たのしく。からだにやさしく。吉祥寺千恵蔵さん