神戸のどら焼き、お取り寄せ開始しました。

  • 2018.03.15 Thursday
  • 13:32

六甲山の湧き水で作る酒蔵の多く

水のおいしい街

御影

 

そこで3代続く

職人さん3人。パートさん3人の

6人ほどの小さな和菓子やさんがつくる

どら焼きを扱い始めました。

 

 

 

みんなが知ってて、誰もが食べて。

選ぶのが難しいのも、どら焼き

 

だからこそ、シンプルで定期的に食べ続けていても飽きのこない味で

ある程度日持ちして、仲良しにもチョイとお土産にできることを考えて

このどら焼きにしました。

 

使う材料は生地の膨らし粉として

重曹は入りますが、すべて無添加。

 

大納言小豆・小麦粉・卵・砂糖・生クリーム・蜂蜜・砂糖液・味醂・重曹

安心して食べられますね。

 

余談ですが、某チェーン店さんの冠がついたどら焼きの原材料は

砂糖・卵・小豆・小麦粉・水あめ・麦芽糖・マーガリン・還元みずあめ

はちみつ・醤油・小麦でん粉・ソルビット・加工でん粉・膨張剤・乳化剤

硫酸MG・塩化K・酵素・香料という具合

もう、何がなんだかわからない混ぜこぜ。

しかも一番多い材料が砂糖という驚きの事実。

砂糖で小豆の甘さ不足を補い。マーガリン・乳化剤で生地をしっとりさせ。

化学添加物で日持ちをさせて、ロスが出ないように。と売り手の都合優先かなと。

 

ま、よそ様のことは置いといて。

 

こちらのどら焼きの一番の特徴は

甘さが控えめで、生地がとにかく美味しいこと。

どら焼きというと、小豆に注目しがちですけど

食べる部分が一番多いのは、皮。

 

つまり、生地の味

 

生クリームを生地に練りこむことで上品でやさしい生地に

しつつも常温で保存できるギリギリのところを長年の努力で

配合バランスを見つけたそうです。

 

カステラに近い味わいの生地はボリュームたっぷりの

どら焼き(80gあります)なのに、あっさりと食べられてしまいます。

 

どうですか↓。この生地の感じ。きれいな焼き色ですよね。

 

 

本日より店頭にて販売しております。

 

遠方やお忙しい方、会社で食べたり、ご友人への手土産の方には

ご自宅までお届けできるように

ネットショップでも販売いたします。

 

気になるお日持ちですけど、

ネットご利用の方は発送日を含み5日間となります。

届いてから3−4日は食べられますね。

冷蔵庫に保管してもらえれば1週間ほど日持ちいたします。

ネットでのご購入はこちらからどうぞ

 

クレジットでお求めの方はこちら↓

https://chiekurasan.shopselect.net/items/10325548

 

代引・銀行振り込みの方はこちら↓

http://chiekurasan.shop-pro.jp/?pid=129440714

 

 

きょうも、美味しく。楽しく。身体にやさしく。「蔵」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック