<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 広島産 牡蠣(かき)水煮の缶詰が超特価! | main | AklaboさんX千恵蔵さんコラボ ヘーゼルナッツサブレが1ヶ月ぶりに入荷しました。 >>

手作り大学芋 はじめました。

2018.11.20 | 11:29

大学芋

 

昔は街を歩けば、たいていの総菜屋さんで手作りされて売ってました。

大学芋専門店まで出来て、あちこちにお店ができてたけど

いつの間にか消えてしまいました。

 

最近は冷凍食品メーカーがつくるのを解凍だけしてパックして並べている

スーパーの惣菜売場で並んでいるのしか食べられなくなりました。

 

大学芋って、実は作るの大変。

スーパーのは芋を揚げて、蜜をまぶしているだけのを

ただ解凍してるだけだから、

硬いばっかりで、中がぜんぜんホクホクしていない。。

どこの食べても同じ味で・・・

 

 

今日ご紹介する大学芋はちがうんです。

まずは、見てください。

荒井さんがひとりで手作りしている昔ながらの作り方

 

やわらかそうでしょ。

外はほんのり硬さがあって、中はホクホク。

 

作り方がたいへん

1)さつま芋は宮崎県産から選び抜いたもの。

 

2)さつま芋を縦に切って美味しい中心部分だけ使って、

外側は大学芋にはしないので糖度が高くてホクホクに仕上がる。

 

3)素揚げしたあと、一晩、秘伝の蜜に漬け込んで蜜をたっぷり染み込ませる。

 

4)食べる前に、秘伝の蜜をかけて食べる。

 

たかが大学芋。されど大学芋です。

ある意味、チョコレート作りに通じる丁寧さが必要です。

 

秘伝の蜜が1パックに1個ついてきます。

 

こんな風にかけながら、食べてくださいね。

 

お店に届いています。

冷凍でお渡し。

ご家庭で1ヶ月ぐらい冷凍で保管できます。

 

解凍してから、秘伝の蜜をかけて召し上がってください。

 

きょうも、おいしく。たのしく。からだにやさしく。

吉祥寺千恵蔵さん

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック